1 shot ブログ

チョッパー乗りの窓際ブログです。

久しぶりにお店のタコス食べた。

 

長野県松本市PARCO前。

 

f:id:xolo1989:20170918230017j:image

道と公園、建物の雰囲気が、メキシコ・シティっぽい。こっちの方が綺麗だけど。

 

f:id:xolo1989:20170918225637j:image

その建物の二階。

墨国藤原商店 さぼてんの花。

アメリカを経由してないメキシコ。なネーミングセンス。

 

 

 f:id:xolo1989:20170918230043j:image

 墨日な店内。

 

f:id:xolo1989:20170918230134j:image

タコのランチ

なんだよ小麦粉トルティーヤかよと思ったあなた。

私もはじめはそうだった。

でも侮ること勿れ。

うまい。

TEX-MEXのような派手さとは違ううまさ。

本場のメキシコ料理に近い。

トルティーヤを熱々のまま食べてもらいたいという気概からもわかるでしょ。

 

f:id:xolo1989:20170918230252j:image

まずは、鶏肉。

 

口あたりが完全にメヒコ!

食材の大きさ、固さ、塩加減のバランスが良いのでしょうか。

本場=トウモロコシのトルティーヤだと思っていたのに、衝撃的だった。

 

鶏肉にいたっては、更に鶏ガラスープで炊いたような鶏感。味が濃い。これはメヒコの鶏肉丸焼きを思い出す。

コケコッコ。

 

f:id:xolo1989:20170918230751j:image

店内にあるこれで調理したのかな。

 

f:id:xolo1989:20170918232734j:image

次に辛口豚肉。

 

チレとニンニクで味付けした豚肉が最高。

こちらも絶対インスタントでは出せない味。

 

メキシコのおっかあに、

『塩はあまり入れなくていいの。タマネギで味付けするからね』

って言われたのを思い出した。

 

 

うまかった。

やっぱり、メキシコ料理が好きだな。

 

f:id:xolo1989:20170918231635j:image

テキーラのボトルにマウスウォッシュ仕込むところもニクい。

 

 

そんな昼飯でした。