1 shot ブログ

1 shotな生活を目指すチョッパー乗りの窓際ブログです。

【福袋】10万円の福袋を購入した話 前半【新春】

 

年が明けました。除夜の鐘、夜遅くの人の気配、テレビの特番。いい雰囲気です。

今年もどうぞよろしくお願いいたします。

私はこのお祝いムードに感化され、高額な福袋を買っちまいました。
その額なんと10万円!!ちょっと気が触れてしまってます。ストレスでも溜まっているのでしょうか。この袋の中には、嘘か誠か総額30万円相当分入っているそうです。

  

 購入した福袋は、The Flat  HeadというアパレルブランドのNew Year Bagです。このブランドは長野県に本社があり、昨年の秋にはここが主催したイベントにも行ってきました。

 

f:id:xolo1989:20180101020334j:image

このブランドは、アメリカンカジュアルなテイストの衣類が多いですが、日本の職人技に拘って制作している高級品です。例えばジーンズなら岡山県倉敷市。スカジャンは神奈川県横浜市。刺繍なら群馬県桐生市。etc

流行りのファストファッション(大量生産・低価格・使い捨て)とは違い、仕上げに気配りしすぎて価格とうんちくの量がかさばってしまうマニア向けのブランドです。おかげでTシャツは10年使っても型崩れしないとか…(着る人の体型が先に崩れてくるでしょう)

 

 

 

何でまたこんなものを買ってしまったのでしょうか。まとめるとこんなところです。

・景気づけ

・はっちゃけたい

・もともとオススメセットが好き

・お洒落したいが、着合わせを選ぶのが面倒

・長野県で繊維関係の仕事をしている以上、長野を拠点に頑張っているフラットヘッドを試してみたい

 

 

f:id:xolo1989:20180101020909j:image

という事で購入。

支払いの時は、10万円を数える手が震えました。こんな感覚はあの時以来です。年の離れた先輩に始めて風俗に連れて行かれた時。あの時はたしか、全て千円札で支払ったな…

 

福袋はリスキーです。一瞬のワクワクのために、在庫処分のゴミに大金を使う可能性もあります。怖い話です。

でもたまには何かに賭けて夢をみても良いじゃないか!たとえそれが商業ベースに乗って作られた福袋だとしても!

 

 

気になる中身は次回につづく…